過了這麼多年才發現的好東西,最近沉醉於石田大人的"東風"這首朗讀曲(雖然全全聽不懂在念啥)!

s3567680  

歌詞:

三日月がまるで剣の先のように白く輝いています新月如同劍的鋒刃一樣白得耀眼
微かに聞こえる水の流れ隱約能聽見流水聲 
夜露を含んだ草木たちのざわめき還有含著夜露的草木的竊竊私語聲 
目を閉じて見えるはずのない命の営みを閉上眼睛看不見的生命的活動 
この身で感じています覺得感同身受 
夜は深く靜かに肌を刺して心の在り方を夜涼如水,刺痛我的肌膚,像在詢問我
私に問いかけます心的所在
その答えの術をまだ導き出せない己と得不到答案的自己與
全てを受けれている魂がこの身の奧で承受著一切的靈魂像在身體內一邊爭論著 
諍いながら熱く冷たく燃えているかのようです一邊時冷時熱地燃燒著
一陣の風が舞い上がりふと祖國の花の香りがしました一陣風吹過,似乎聞到了祖國的花的芬芳
零れ落ち舞い飛ぶ紅色の花びら零落飛舞著的紅色花瓣
美しい散り際に誰もが心を奪われる凜とした花飄散時美麗的能奪取人心的凜然的花朵 
この風は遙か東から吹き抜けて來たのでしょうか這風,是從遙遠的東方刮過來的吧
遠い旅路の途中で、私の元に祖國の香りを屆ける為に是為了在漫長的旅程中將祖國的芬芳傳送給我
己に負けない強い心を呼び起こす為に是為了喚醒我不服輸的堅強的心
遙か遙か遠くから吹いて來たのでしょうか才從那麼遙遠的地方吹來的吧
私の胸の中に紅い點が鮮やかに滲んで行きます那紅色一點一點的滲透了我的心
星星の瞬きが刃のように刺しています那繁星一瞬間象刀刃一般刺痛了我的心
全てを包む靜寂の中で時間さえ経つことを忘れたかのようです在包容萬物的寂靜中,好像已經忘記了流逝的時間
微かに響く鼓動に呼吸を合わせて心底微微響起的悸動隨著呼吸
無我の空気を噛みしめています呼吸著忘我的空氣 
行方さえ決めずにゆっくりと流れる雲が行蹤飄忽不定的悠然自在的流雲
真の生き様を私に示しているかのようです像是在顯示給我真實的生活
何処へ行こうとしているのか迷い思いと對於何去何從感到彷徨
有るがままに進もうとする毅然とした気持ちが與朝著既定的方向前行的毅然的心情
せめぎ合いながら痛く優しく波打っているようです互相爭執著,就像波浪時而溫柔時而疼痛地擊打著我的心 
一陣の風が舞い上がり一陣風吹過
何処か懐かしい花の香りがしました似乎聞到不知何處、讓人懷念的花香
はらはらと優美で艶やかな花びら飄飄灑灑落下的優美美麗的花瓣 
季節を終えた後季節終結之後
誰に愛でられる事がなくとも有るがままの強さ就像從未愛過任何人一樣的堅強
頬を打ち付ける風は何処へ行くのでしょうか撫過臉頰的風,將會刮向何處
終わり無き旅を続けて那永無止境的旅程
私の背中を押して前を向かせる為に風推著我的背向前走去
己の試練を超える精神を目覚めさせる為に為了為了喚醒我超越自我試練的精神 
海を渡り祖國から吹いて來たのでしょうか從祖國飄洋過海吹來的吧
私の肩に薄紅の花びらが一つ燃えて広がって行きます落在我肩頭的淡紅色的花瓣,如星星之火燃燒開來 
紅く紅く滲んで紅紅的,紅紅的,滲透

 

("芸"的分享,可以下載這首:http://hi.baidu.com/caoyeqiyun/blog/item/7640903dbf3ef80abba16717.html#0

迷人的背景音樂配上乾淨的嗓音,世上怎麼會有這麼好聽的聲音呢???

不過,更令人不解的應該是自己,怎麼會迷戀一個聲音到這種地步???

文章標籤
創作者介紹
創作者 ShunIkki 的頭像
ShunIkki

星雲石海

ShunIkki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()